2022年5月24日

フランスアンティーク ツバメとすずらん特集♪♪♪

 初夏のような気候になってきました。

南仏はすでに30度前後と暑くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか。

次回の更新内容、直前になってしまいましたが、少しご紹介したいと思います。

詳細はオンラインショップで見てくださいね♪


白い鈴蘭と色とりどりの小花が散りばめられたエナメル彩の小さめガラスボトル。

葉っぱの金彩が剥がれている部分も見られますが、ぷっくりエナメルがとってもかわいいボトルです。


食後酒などの強いお酒、リキュール用のボトルなので小さいのですね。
飲みすぎ注意で。


鈴蘭はフランスでは幸運を呼ぶアイテム、ポルトボヌールです。
特に1900年前後にフランスで流行ったモチーフです。
当時のフランスならではのエスプリが素敵なものばかりです。


クレイユエモントローの鈴蘭レリーフのお皿。
手で色がつけられた可愛いプレートです。

ちょこっと赤い小花も。

アイビーの蔓も。

鈴蘭とのハーモニーが素敵です。

クレイユエモントローのフローラシリーズは、青い柄のものが有名ですが、こちらもフローラシリーズ。
そのフローラシリーズの中に、いろいろなお花の名前が入っています。



鈴蘭の柄はMUGUET。

フローラのミュゲシリーズ。

こちらはブルーカマイユ(ブルー単色濃淡)柄が素敵な同じくフローラのミュゲシリーズなんです。
ただ、どこに鈴蘭があるのかが判りにくいところが粋だなと思います。

見つけた!
と思ったらなにか違いますね。

実はここなんですよ、ズズラン↑
分かります???

アップで見たら分かりやすいでしょうか。
下の方にちょこっとありますね。


春の可愛いお花の中に少しだけしか現れないのに、鈴蘭シリーズになっているところが本当に渋いなと思います。

今回のお皿の刻印が滲んでいて分かりにくいのですが、


メダイヨンの中に、FLORA MUGUETと書いてあります。

フローラのミュゲシリーズは、このタイプとバルボティーヌタイプの2種類あるということですね♪

こちらはジアンのデザートプレート。


メインはフルーツなのですが、

リムにびっしり敷き詰められた鈴蘭見てください!
可愛いですね♪



そしてツバメ柄の特集も。
南仏では5月はじめからすでにツバメさんたちが来てあちこち元気に飛んでいます。

白地に可愛いツバメたちとお花の柄のデザート皿です。

リムにはみ出てツバメ柄があると、常に見ていられるので嬉しいところです。


ミモザや薔薇?も一緒に素敵な柄です。


ロンウィのジャポニズム柄。


こちらも年代違いのロンウィ。
ロンウィは鳥のモチーフが比較的多い気がします。

ツバメが沢山!


サルグミンヌのツバメのバルボティーヌ皿。
青空を飛んでいる様子が素敵です。


こちらはツバメではないのですが、野生の小鳥たち。
表面にスレ、削げ見られますので、飾って楽しんでくださるか工夫して使ってくださる方へ。





どうぞお楽しみに!!!

店長イデコ😊







2022年4月13日

🌸🌸🌸 春のバルボティーヌ特集 🌸🌸🌸

 今年もバルボティーヌ特集、どうにか開催できそうです🌸🌸🌸


こんなに可愛いアンティークやヴィンテージのバルボティーヌの食器たち。
10年前にの日本では誰も振り向きもしなかった可愛い食器たち。

有名にしたのはグルニエイデコでしょう。爆
本当ですよ。

今ではフランス人までがバルボティーヌ言いながら(他の国ではマジョリカ)販売しています。
と、いうことで、フランス人も手放さないし、市場の金額も上がってきている、なかなか良いものが買えなくなってきてはいます。

それでも集めました!!!

4っつのお皿はそれぞれ大きさが違います。
もう可愛いでしょう、このお花のデザインが❣


重ねても素敵ですよ。

小さいのと
大きいのと

手を入れてみれば大きさよく分かるのかな、と思って撮ってみていますが、あまり変わらない?😂
私の手に問題がありそうですが、あえて触れないでおきます。


黄色とブルー。


左のドイツのバルボティーヌはケーキ皿と呼ばれ、小さなお皿です。
フランスのデザート皿(右)よりも小さなものです。

春らしくお花の柄で。
ショワジーにしては珍しいタイプのバルボティーヌ皿。
中央にレリーフがない分気にせず使えそうです。


3枚ご用意しております。

色の配置がはじめの2枚は赤とパープルが交互になっています。

最後のだけパープル同士、赤同士並んだ配置です。


ショワジーといえばこの苺のバルボティーヌ皿も可愛い❣
お皿は5枚、カップ&ソーサーが1客。


苺のバルボティーヌカップ&ソーサーは大きめサイズのものです。
フランスではデジュネと呼ばれ、朝食用のカップ&ソーサーになります。
いまだ、なぜプチデジュネではなくデジュネで朝食用なのかが謎ですが、カフェオレたっぷり、ミルクティーたっぷり、たっぷり派向きです。

状態はオンラインショップで🙏



左がデジュネカップ、中央はモカ?コーヒー用になると思います。右がデミタスカップで小さめのカップです。


デミタスカップ&ソーサーは1点

カップのみは2点ご用意しております。
比較的きれいなものと、

シミの多めのものがありますが、古いものとして気に入ってくださる方へ。


太った手ですので、小さく見えますかね。
手入れなくても小さいの分かりそうですけどね。😂


そして、ランベルヴィレーレリーフの近代の食器たち。
リュネビル窯20世紀おそらく前半のものになります。
サーモンピンクのようなオレンジがかった薄く優しいピンクのカップ&ソーサー4客と、
やはり淡く優しい黄色のプレート2枚になります。

カップは日本で言うティーカップの大きさに近いでしょうか。


組み合わせても可愛いと思います♪

ランベルヴィレー窯風のレリーフ可愛いですね。
18世紀のレリーフが基になっているので、リュネビルのほうが先に使ったレリーフなのかもしれません。


パープル色のお花の形をしたカップが6点。
小さなラインが入っているものほとんどなのですが、ほとんどが見えにくいものです。
理想的なのは飲み物というよりデザートやヨーグルトなどに使うのが良さそうです。


可愛いフォルム💖



ショワジーのお皿にも合いますね。


パープルが同じ色合いで♪



春らしいお色のバルボティーヌたち、お待ちしております💖


遅れていたお荷物たちもやっと日本に到着しております。

今後少しでも配送状況が落ち着いてくれることを願っております!!!

と、いうことで本当に恐縮ですが、長くお待ちいただいても構わない、とおっしゃってくださるお客様にご利用いただければ、店長とっても嬉しいです。

すみません。

なにはともあれ、オンラインショップ覗いてみてくださいね♪

春らしいものがお待ちしております。

店長イデコ😊

https://grenierideco.com