2020年1月23日

只今コツコツとサイトの引っ越し準備中です♪

今までお世話になってきました通販サイトさんから、違う通販サイトさんへ引越しする運びとなりました。

という事で、9年間蓄積してきた沢山の商品を只今コツコツと移動中でございます♪

csv機能もデータの一部しか移動できなくて、結局コツコツ1ページづつ再入力作業となってしまい、もうたーいへん!( ;∀;)

 幸いすべての写真は残してありますので良かったです。ほっ

 (近所の工事中の写真。(笑))

 
メインは、問題なくクレジットカード払いをお受けできるサイトという事なのですが、新しいサイトはかなりシンプルです。
自分でもまだ全部把握しておりませんので、私が受けた印象にはなりますが、分かりやすいのではないでしょうか。

そして、変わる部分もたくさんでてきそうです。
おそらくお気に入り機能とか、メルマガに気軽に登録できる機能がない模様です。
メルマガに関しましては、グルニエイデコのオンラインショップの会員になっていただくしか方法がないようです。(と、お答えいただきました)
いろいろ発掘中ですので、詳細決まりましたらブログや現在のオンラインショップ。SNSなどでお知らせします♪

それまでは今まで通りこちらのサイトでお買い物されてくださいね♪
https://ideco.ocnk.net/
まだまだいいもの沢山ございますーーー❣
 
現在のサイトは2月中に解約する予定です。
今までご登録いただいておりましたお客様には、改めて新しいサイトの方へご登録いただけたら店長イデコ、とっても嬉しゅうございます。m(__)m

新サイトのお知らせができるまで、今しばらくお待ちくださいませ。

コツコツ・・・

コツコツ・・・

気が遠くなる、コツコツ作業でございます・・・(;´∀`)

店長 イデコ(*^^*)

2020年1月7日

グルニエイデコ アンティーク 新商品UPしました♪ 2020/1/6

年明け第一弾はヤドリギ特集♪

こんなものも、あんなものもありますよ♪



18世紀ムスティエやルーアンの器。



18-19世紀の白釉ムスティエのお皿。


状態がよろしいものです♪



ヤドリギのロケットペンダント。




ヤドリギのビスケットジャー(クッキージャー)。
ガラスの容器にキッチュなヤドリギの絵が素敵です♪




渋い南仏の小皿。




サルグミンヌ定番のコーヒーポットとミルクポット。

以上のお品ものたちはグルニエイデコのオンラインショップで販売中です♪
https://ideco.ocnk.net/

現在クレジットカードが使えるように、別のサイトで調整中です。
ですが、どうしてもデータの移動がうまく行かず、今のサイトにとどまっております。
クレジットカード払いに問題が起こらず、データが移動できるようであれば、2月中には全部乗り換えたいと思っております。

今までおちゃのこさんで慣れていただいたお客様には、使いづらくなってしまうかもしれませんが、どうぞお付き合いのほどよろしくお願いいたします。

またご報告させていただきます。

店長 イデコ(*^^*)



2020年1月5日

1月の更新はヤドリギ特集です♪ 今年もよろしくお願いいたします❣

今年もよろしくお願いいたします♪
2020年が皆様にとって素敵な年になりますように💕




年明け第一弾はヤドリギ特集です♪

ギャルリーイデコの方にもブログアップしております。

☆ LACHENAL ラシュナル ヤドリギ シリーズ

https://antiquegalerieideco.blogspot.com/2020/01/lachenal.html




状態は様々です。
120年ほど前のアンティークだという事をご考慮いただきご覧いただければと思います♪






ラシュナル以外にも宿やどりぎ商品をご用意しております。


以上の商品は間もなく、本当にすぐですが、グルニエイデコのオンラインショップでご覧いただけます💕



2020年、ヤドリギと共に新しい年に幸運が訪れますように!

店長 イデコ(*^^*)
https://ideco.ocnk.net/

2020年1月2日

オンラインショップデザイン・表示方法変更のお知らせ♪

2020年が皆様にとって素敵な年になりますように💕


最後の「追記」までお読みくださいませ。m(__)m

オンラインショップのデザインちょっと変わりました♪
https://ideco.ocnk.net/
まだ納得がいかないのでちょこちょこ変更するかもしれません、ご不便をおかけしますがよろしくお願いいたします。
不都合な点がありましたら是非お教えください。

そして朗報です!
次回の更新時からクレジットカード払いも適応になります。
ただし、今のところユーロ払いのみになります。
またPayPalも5%の手数料をいただきますが、今まで通りご使用可能です。

オンラインショップでお買い物をされました際に手続き終了に近づいたところで、お支払いを選択するページがあります。
今まで銀行振込とゆうちょだけでしたが、以下の4つの中から選択していただくようになります。

・銀行からのお振込み
・ゆうちょ銀行からのご送金
・クレジットカード(ユーロ換算)手数料なし。1ユーロ120円前後。
 → 2020年1月3日現在 ユーロ払いのリンクが送れない問題がでており、しばらくお試し期間で「日本円払い+手数料なし」で行かせてください。
・PayPal (5%手数料追加されます。)

銀行・ゆうちょは今まで通りお振込みまたはご送金手数料が掛かる場合はお客様のご負担となります。
PayPalの手数料は5%、お客様にご負担いただきます。
(通常のPayPal手数料+1件につきPayPalへ支払う金額+ユーロ換算にしたさいの差額で5%にさせていただいております。ご了承いただければ幸いです)

また、クレジットカード払いにつきまして、手数料はいただきませんが、
グルニエイデコからユーロでご請求 →お送りしたメールに従ってお支払いお手続きをしていただく→ お客様のクレジットカード引き落とし日には、クレジットカード会社が日本円に換算してご請求されます。
 分かりにくいですが、
ユーロで払い → クレジットカード会社には円で引き落としされる。
その際にレートの関係で差額が発生すると思います。

例:
① グルニエイデコがご請求する金額:10000円のお買い物≒83.3ユーロ (1ユーロ120円)
② クレジットカード会社がお客様へご請求する金額:83.3ユーロ≒ 10,162円 (1ユーロ122円クレジットカード会社が決済した日またその日のレートにより金額が変わります。)

上記の場合、差額162円ほどが発生します。
この差額はお客様のご負担となります。m(__)m

レートによってご負担いただかなければならない部分があるかもしれませんが、逆に得をされる場合もあるというわけです。
お支払い前でしたら、銀行からのお振込みに変更もできます。

おちゃのこさん(カート付きネットショップ)の指定されているクレジットカード会社さんへの申請で、海外に住んでいる場合は認定が下りないとの事で、日本円でのクレジットカード使用は未だ不可能です。
また、他のサイトに乗り換えて、と思ったのですがこの商品数全部を移動するのは難しいのと、一括登録しようとするとエラーが出てしまいどうしても移動ができません。
これも何かの知らせ、いまのところはこの方法でやりなさいと神からのお告げと思って、面倒ですがこの状態でしばらく行かせていただきます。
まだ慣れない事で、ご連絡事項にお付き合いいただかなければならないことも出てくると思いますが、よろしくお願いいたします。
また不明な点はいつでもご連絡ください。

イデコひとりでやっているオンラインショップです。
手数料を全部負担するには厳しい、また商品の金額を高くするのも気が引ける、まだまだ小さなショップです。
小さなまま終わると思いますが(笑)、いつも皆さまには本当に良くしていただいて、大変感謝しております。
これからもよろしくおねがいいたします♪

引き続き素敵なアンティークをご紹介して参ります!

店長 イデコ(*^^*)


追記:
ユーロ建てでシンプルに♪と思っていたのですが、なぜかユーロサイトのアドレスが獲得できません!💦
そこで急遽他のサイトさんをお借りして日本円でお支払いをいただく事になりそうです。
こちらも改めてお支払い専用ページを作らなければなりませんので、 その都度お時間いただく事になると思います。m(__)m

ただし、グルニエイデコのオンラインショップでお買い上げいただいたにも関わらず、別サイトさんの方で改めてカートに入れてお手続き(ご住所のご入力など)をしていただかなければなりません。
2度手間をおかけしてしまいますが、外へ出てお振込みする手間はありません。
ご不便おかけして本当に申し訳ありません。
しばらく様子見させてください。。。

お客様の損にならないよう気を付けて参りますのでよろしくお願いいたします!

店長 イデコm(__)m





2019年12月28日

キュノワールと焦茶釉の器たち♪ フランスアンティーク 次回更新のお品もの

焦茶釉って呼び方があるんでしょうか。

でもそれがピッタリかなと思ってそう呼ばせていただいています。
違う名前があったら教えてくださいね♪




すごい迫力のキュノワールたちと、焦茶釉の器たち。





お鍋2点については、ギャルリーの方でご紹介しております。
https://antiquegalerieideco.blogspot.com/2019/12/19-cul-noir.html?m=0

土鍋タイプのものには目止めも必要です。

目止めについては私も専門家ではありませんので検索で見てみてくださいね♪




珍しく大き目の鍋。

これは寒い冬には重宝しそうです!

売れ残ったら家で鍋します!




浅めの鍋も便利そうですね。

1人、2人、オーブン料理や煮物に良さそうです♪

このままテーブルに置いて取り分ける、なんて、
楽しそう♪




カップが2点。



素敵な無骨さですね。

左が#1、右が#2


取っ手もフチも綺麗です。




#1


#1




内側底にラインが見られます。
貫入の入り始めのようです。




これからもっと貫入が入ってくるのでしょうけれど、はじめは肝心ですね。

底からフチまで届いている気がします。
これこそ目止めを。



#2



#2



#2の方も底に大き目の貫入があります。


気になったのでふたつともお湯を入れて1時間置いてみました。





いずれも水漏れはなく、表面が濡れることもありませんでした。





結果、使っていただけると思います。

これから貫入が増えてくると思いますが、たまに目止めをしながらお付き合いください。



パニエ陶器。

南仏のものではないかと思いますが、はっきりした窯は不明です。

ユゼスとかアプトになるのでしょうか。





持ち手の根元の装飾が繊細な作りで素敵です。





こういう焦茶釉の渋い雰囲気の可愛いパニエもなかなかないですよね。





何を入れようかな♪





そして焦茶釉の耳付きブイヨンボウル。




深いお色が素敵です。





内側はスレ、フチにチップなど風化が見られます。

南仏の田舎だったら、この状態でも使われている事でしょう。

実用できなくてもプランターとして、またこのままでもとっても味のあるインテリアの一部になります。





そして、今回の謎なもの。

どうやら古い鍋の形をしています。

暖炉に置いてあるような鍋ですね。
吊るす用のハンドルも付いています。



シリーズ化しているわけではないんですけど、やはり他のものと一緒に仕入れなければならない事が多々あり、意図しないものを仕入れてしまう訳です。

って、いうのもこの商品に対して失礼なんですけど。





貯金箱、
なんですね。





表面は、角度によりメタリックに輝くまた不思議な釉薬。





裏。

穴は開いていません。

と、いう事は、

お金入れてしまったら、壊さないと出せない、

んですね。


使えねー💦💦💦

でももしかしたらどなたかいただいてくれるかもしれないと願って、勇気出して載せてます。(笑)
だから、そんな言い方。。。



置き物として、もしくは本当に貯金箱として割る勇気のある方へ。


割られるために作られた陶器です。
こういうのは割れたから金継、とかされなくても、こういう運命の陶器なんだと思ってください。

または「置き物」として飾ってくださる方へ。

渋いですよ♪

以上焦茶釉のお品ものたちは、年明けすぐのグルニエイデコのオンラインショップでお目にかかれます♪

お楽しみに!

店長 イデコ(*^^*)


良いお年を❣❣❣


2019年12月27日

2020年もヤドリギで幸せに♪♪♪ 次回更新のアンティークです♪

思いっきりハッピーな気分になれない事一部ありで、「2020年も」の「も」は、「は」の方がいいかなとか思っていたんですけど、それも2019年が不幸だったみたいになるので、「も」にしておきました。

そんなことはどうでもいいんですけど、今年もヤドリギ特集!

2020年の年明けは可愛いヤドリギ柄のアンティークを揃えてご紹介いたします!




ヤドリギレリーフのアンティークフレーム。




中央がポストカードですので、大きい事がお分かりになるかと思います。




また、お問い合わせもいただいておりますが、状態の良いものではありません。




木製のベースに漆喰で型押しされたレリーフ装飾が施されています。




その漆喰部分にヒビが入っていて、このように一部欠けていたりします。








ちょっと色味が違ったりする部分とか。




ヒビが入ってグラツキのあった部分は接着剤で補強してあります。

ただ、石膏が乗っかっているとご想像頂いたら分かりやすいかもしれません。
ぶつければ欠けます。
大切に扱ってくださる方へ。

またアンティークフレームという事で、カケたりしている部分もまた素敵と思ってくださる方へ。

額装してもいいでしょうし、このままでもとっても絵になる額です。





そして、ドラジェボックス。

これもまた珍しい!

ベースの紙にはヤドリギの柄がエンボス加工されており、その上にヤドリギの枝がプリントされています。
ヤドリギの白い実はぷっくり膨らんでいます。

サイドの折り込みも手作業でギャザーが寄せられていて、とっても可愛いボックスです。





内側にはレース紙。

シミが少し見られます。




表面にサークル状のラインの跡があります。

でも大変良い保存状態です。





結婚式の引き出物として配られたドラジェ(アーモンドの入ったお菓子)。

Mariageの文字もエンボスで素敵です。




小さなポーセリン製のジュエリーボックス。

4つ脚がくねっていてまた可愛いです♪




ヤドリギの柄は手描きです。

内側にカケなどあります。




20世紀陶芸界の巨匠ラシュナル、ご自身か息子さんの作品だと思います。
裏にLachenalのサインあり。

ヤドリギのレリーフが可愛い、またラシュナルらしいブルーが素敵なお品です。




小さなケースです♪





キッチュなヤドリギ柄が可愛い、ビスケットジャー。

ビスケットを入れておくための容器で、ガラス製のものが多く見られます。

これをコレクションしているコレクショナーもいたりして、お値段がお高いものも多々見られます。




そして、バドンビレーのヤドリギ柄のお皿たち。

深いグリーンのぼかしがノスタルジックで素敵です。

クネクネヤドリギもほんわか可愛い柄です♪




アクセサリー用のトレイだったのでしょうか。
小さめで、玄関に置かれていたヴィドポッシュよりは小さい気がします。
ヴィドポッシュとは、ポケット(ポッシュ)の中に溜まった小銭を帰り際にこのトレイに置いてコートを仕舞う、ヴィド(空にする)トレイだったようです。

日本だったら小銭はささっと財布から出して他の人待たせたりせずお支払いできるのですが、フランス人はお金数える時とってものんびりですよね。

いつも相方やフランス人の友達が日本に来て、ゆーっくり小銭探している姿を見るたびに長くできてくる行列にハラハラしているイデコです💦

こうしてヴィドポッシュに小銭が溜まったら新聞買ったりパン買いに行ったりしていたのでしょうね。
とてもフランス的な小物です。




そして、珍しいものをまた。

このお皿はモンディアンと言って、フルーツとかお菓子とか乗せる際に使います。
たいていこのように3つに分かれていて、中央に持ち手が付いています。

フルーツよりお菓子の方が正しいのでしょうけれど、大き目のお皿ですのでいろいろお好きにお使いいただければと思います。

パーティーとか大家族集まるときに絵にもなるし、素敵なお皿です。


他に、ヤドリギポストカードもあります♪
https://grenieridecobrocante.blogspot.com/2019/12/blog-post_24.html


☆☆☆


只今次回の更新準備中です♪

年末、また私用で出かけたりとちょっと忙しいのですが、年明けすぐにはUPしたいと思っております。

メルマガで次回更新日時のお知らせをお送りいたします♪
ご登録はこちらから↓
https://ideco.ocnk.net/mail

年末年始更新準備でがんばります!

良いお年を♪

店長 イデコ(*^^*)